強まる孤独感

強まる孤独感

このような状況の中で、私の精神面はどうになったかというと、全て自分を否定し、孤独感を強く感じる方向に進んでいった。
毎日先輩に怒られていると、本当に自分はだめな人間のように思えてきた。
私くらいだめなナースはいないのではないか、という思いから、それがどんどん積み重なり、自分は人間としてもだめな人間だと思うようになっていったのだ。

 

 

私は、この時期付き合い始めたばかりの彼(今の夫)がいた。
彼とは病院に就職する直前に知り合い、付き合いはじめていた。
彼は私よりも5歳も年下で、知り合った時ちょうど大学を卒業するところだった。
彼はSEとしてIT系の企業に就職が決まっていた。
二人とも就職を目の前にし、仕事に対する夢や抱負を熱く語り合ったりしていたのだ。

 

 

こうして二人とも就職したのだが、就職してからの明暗ははっきり分れた。
私は毎日が辛いことの連続。
一方彼は、職場環境もよく、楽しそうである。
楽しそうに仕事の話をする彼を見て、「何なの、この違いは?!」とねたましくさえあった。

 

自分が不幸な時、他人の幸せは自分の不幸感をよりいっそう増すものだ。
この彼との対比も私をよりいっそう追い込んだ。
しかも、付き合い始めたばかりだというのに、私の休みが不規則なため、会えないことが多かった。
これも私には応えたのだ。
辛い仕事の疲れを彼と会って癒したかったのに、それもあまり叶わなかったのだ。

 

私は一人暮らしをしていた。
それもよりいっそう私の孤独感を増していく原因となった。
彼は実家暮らしである。
「私もせめて実家から通えたら、こんなに孤独ではなかったかも・・・」と思ったが、実家からは遠くて通えるはずもなかった。

 

時々、私の休みが土日に重なり、その日を彼とのデートのために特別な思いで楽しみにしていたりする。
すると、彼が何の気なしに「あ、その日は友達と会う約束をした」などと言いデートできないことになると、絶望感でいっぱいになってしまうのだ。

 

彼は悪気があるわけではないので、私がそのことで怒ると彼も私を理解できずに怒った。
こうしてお互いの気持ちのすれ違いでよくケンカもした。
このことが私の孤独感をまた増した。
また、私が一人暮らしで寂しい思いをしているので、彼にはもっと私の家に泊まりに来て欲しかった。
しかし、彼は当然といえば当然なのだが、結婚しているわけではないので、あまり私の家に入り浸りになることなく、実家が主体の生活が続いた。

 

これも私にとってもは不満の一つだった。
できれば一緒に住みたいくらいの孤独感だったのに、彼は実家に帰ってしまう。
「私だって実家に帰りたいのに・・・。
フン、どーせ私なんて・・・」といういじけた思いになっていった。
こうして、仕事のことだけでなく、全てが孤独感につながっていくという悪循環の日々が続いた。

 

極めつけは、最後の心のよりどころである実家が私の新たなプレッシャーとなったことだった。

スポンサードリンク

共感したらシェアしてもらえると嬉しいです。

 

看護師のお仕事!目次

看護師のお仕事体験談

メール

看護師に役立つ掲示板

運営者より

リンク