厳しい看護師の先輩たち

厳しい先輩看護師たち

こうして毎日が怒涛のように過ぎていった。
看護師の仕事は、直接人の命に関わる仕事が多い。
例えば点滴一つとってもそうだし、医療機器の扱い方一つとってもそうだ。
自分達のミスがもしかして人を殺してしまうかもしれない、という現場なので、教える先輩看護師達も当然厳しかった。

 

その後自分も後輩を教えるほうになってわかったが、先輩看護師たちも新人看護師が医療ミスを起こさないよう必死なのである。
人の命に関わることなので、なあなあの教え方ではだめなのだ。
新人看護師が間違ったことをしたり、勉強不足だったりすれば厳しく叱る、それはある程度仕方のないことだった。

 

私も、プリセプターの先輩看護師をはじめ、その他の先輩看護師たちに、本当によくこっぴどく叱られた。
とにかく、毎日怒られない日はないといったくらい、毎日毎日よく怒られた。

 

怒り方は人それぞれだった。
やはり人間だから、合う先輩と合わない先輩もいる。
自分は仕事のできない新人ナースだから、怒られるのはある程度仕方のないことだった。
しかし、一番まいったのは、人間性を全て否定するような怒り方をする先輩看護師がいることだった。

 

本人はそんなつもりはないのだろうが、「それを言っちゃあ、あなたおしまいでしょ」というようなことを言うのだ。
まさに息の根を止めるといった感じ。
怒られたほうとしては中々そのことを忘れられない。
根に持ちたくはないが、今でもその先輩のことは克明に覚えている。

 

他に自分が先輩になったらしたくないと思ったのは、機嫌で怒ることだ。
病院とは、往々にして戦場のような忙しい雰囲気の場所だ。
特に忙しい時は、みんないらいらして人とのコミュニケーションにもそのいらいらが出やすいのは、私にもよーくわかる。
でも大人であったら、そのいらいらをあからさまに人に対してあらわすべきではないというのが私の持論だ。

 

しかし、医師や看護師にはそれをあからさまに出す人が驚くほど多いのだ。
どこの世界にもそのような人はいると思うが、この業界には特に多い気がする。
大変なのはそれに振り回される周りの人たちだ。
理不尽な怒られ方や大人気ない怒られ方をしたとき、私は絶対にああにはなりたくない、と心の中で誓うのであった。

 

それと、看護師の世界は経験がものをいう世界である。
看護の経験がない人は、価値をもって見てもらえないのだ。
私のように他の業界の経験があったって、そんなものは全くもって認められない。
看護の経験があってなんぼのものなのだ。

 

とにかく、私のように違う職場で働いていた人が看護の世界に飛び込むと、独特の文化や風習に違和感や憤りを感じることが多いのである。
だから、違う業界から転職しようとしている人、「もうやってられないっ!」って頭にくることも多々あるということを是非是非承知しておいてもらいたい。

スポンサードリンク

次のページ>>看護師の厳しい勤務

共感したらシェアしてもらえると嬉しいです。

 

看護師のお仕事!目次

看護師のお仕事体験談

メール

看護師に役立つ掲示板

運営者より

リンク